Apache Drill を MapR on Azure 上で構築してみる その1

LINEで送る
Pocket

MapR が Azure の Marketplace か構築出来るという事で構築してみました。
※現時点で構築がうまくいっていないためMicrosoftに問い合わせをしています。
リソースの作成までという中途半端な状態で申し訳ありませんがご覧ください。構築が成功したらその2を記載する予定です。

まずはナビゲータボタンの新規をクリックし、MapR を検索します。

スクリーンショット_2015-12-06_23_49_45

 

検索結果に出てくる「MapR Distribution Including Hadoop in Azure」を選択

スクリーンショット_2015-12-06_23_50_07

基本設定のすべての項目を埋めて OK  を選択してください。

スクリーンショット_2015-12-07_0_00_44

ここではMapRのクラスタ数やVersion、Editionを選択します。
クラスタ数は最小が3で、6,10,20,30が選択可能です。
今回はテストなので3を選択しておきましょう。
Virtual machine size も一番小さい D3 を選択します。
Version は4.1.0と5.0.0が選択可能ですが今回は最新を選択します。
Editionは無償で使用できるM3を選択します。
各Editionの違いは下記のページをご覧ください。

MapR製品一覧

スクリーンショット_2015-12-07_0_05_06

選択項目のサマリが出るので問題がなければOKを選択します。

スクリーンショット_2015-12-07_0_05_19

最後に使用条件とプライバシーポリシーを選択して構築は完了です。

スクリーンショット_2015-12-07_0_05_39

本来であればここで3ノードのクラスタが構築できるのですが、何度か試しても409エラーが出て構築が完了しません。
この件についてはサポートに問い合わせ中です。

スクリーンショット 2015-12-07 0.44.55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です